ダイヤモンドを評価する際の目安 4C

ダイヤモンドのグレード 4Cって?

4Cとはダイヤモンドを評価する際に、カラット(Carat)・カラー(Color)・クラリティー(Clarity)・カット(Cut)に分け、国際基準における判断の目安となるものです。
それぞれの頭文字の4つの"C"を略して4C(フォーシー・よんシー)と呼ばれ、一般的に評価の高いダイヤモンドほど、その希少性から高価になります。
 


カラット(Carat)


 カラットは重量を表す単位で、略字でctと表記します。1カラットは0.2gです。精密な電子天秤を用いて小数点第3位(1/1000カラット)まで測定します。 エンゲージリングに使われる一般的な重量は0.3カラット前後といわれています。

 

※図はあくまでもイメージを示したものです。

カラー(Color)


 カラーはダイヤモンドの色に関する評価です。純粋無色なものをDカラーとし、以下E,F,G,H,・・・・・・ライトイエローのZまで23段階に分類評価します。一般に無色のDカラーに近ければ希少性が増します。反対にZカラー以上に色をもったダイヤはFANCYカラーとして扱われその希少性を増します。それ以外にも様々なカラーのダイヤモンドが存在しますが、中でも人気の高い良質なピンクダイヤもご用意しております。お好みのリングにそっと添えてあげるだけで可憐さが増しますよ。

 

クラリティー(Clarity)


 クラリティーとは磨かれたダイヤモンドを専門家が10倍に拡大して検査し、インクルージョン(内包物)の有無、位置、大きさ、性質などを総合的に判断して透明度を評価したもので、ダイヤモンドの内部・外部共に無欠点のフローレス(FL)を最高に肉眼でインクルージョンが見えるインパーフェクション3(I3)までの11段階に分類されます。 エンゲージリングでは無傷や無垢の意味も大切にされますので、一般にはVSクラス以上の高品質のダイヤモンドが選ばれます。

 

カット(Cut)


 カットはダイヤモンドのプロポーションの評価です。58面体のラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンドにだけ評価がなされます。EXCELLENT(エクセレント)・VERY GOOD(ベリーグッド)・GOOD(グッド)・FAIR(フェア―)・POOR(プアー)の5段階に分類されます。 ダイヤモンドは、唯一人の手が加えられるところで、一つ一つ職人の手作業によって研磨されます。光の屈折率を考慮され理想的なプロポーションにカットされていきます。

 

ハート&キューピット


 プロポーションが完璧なダイヤモンドを専用のスコープで覗くと、恋のキューピットの使った矢が模様となって表れます。 更に、ダイヤモンドを反対向きにして見て頂くと… なんと!キューピットに射抜かれたハートが8個出現します。 実は、ハート&キューピットパターンとは恋のキューピットの矢に射抜かれた、『ハートのダイヤモンド』の事なんです! これは、プロポーションが完璧なダイヤモンドだけに現れる不思議な模様で、「ハート&キューピットパターン」と呼ばれています。

 

鑑定書について


 アルプスジュエリーのダイヤモンドは、宝石鑑別団体協議会AGLに加盟している宝石鑑定鑑別機関のグレーディングレポートをお付けします。
 主に、AGTジェムラボラトリー中央宝石研究所の鑑定書を使用しております。